FAQ

調べたいカテゴリを選択してください

クルクル マネージャー

QRコード・クルクル Wi-Fiの作成ができるサービスです。
アクセス解析を閲覧することも可能です。

faq triangle

Wi-Fiウェルカムページ

Wi-Fi接続をしたユーザーに対し、WEBページを表示させることができるサービスです。
利用分析を閲覧することも可能です。

faq triangle

クルクル チャンネル

登録ユーザーに向けてメッセージやクーポンを配信できるサービスです。
利用分析を閲覧することも可能です。

faq triangle
faq box-image

よくある質問

必要ございません。商用・個人利用すべて無料でご利用いただけます。
作成したQRコードは永続的にご利用いただけます。
過去に作成したQRコードのデータをどの端末からでも閲覧いただく事が出来ます。
また、QRコード作成の際にアクセス分析をご利用いただけるようになります。
なお、クルクル チャンネルやWi-Fiウェルカムページご利用にはアカウント作成が必須となっております。
QRコードをスキャンするだけで、お客様にWi-Fiの検索やパスワードの入力をすることなく自動で接続いただくことができます。有効時間を設定することも可能です。
クルクル Wi-FiからWi-Fi接続したお客様に対して、店舗の紹介ページを表示することができます。
ページ内ではチャンネル登録を促したり、クーポンを配布する事が可能です。
必要ございません。商用・個人利用すべて無料でご利用いただけます。
クルクル チャンネルでチャンネルを開設いただくと、アプリをインストールしたお客様へ、お知らせメッセージの送信やクーポンを配布することが可能です。
必要ございません。商用・個人利用すべて無料でご利用いただけます。
必要ございません。商用・個人利用すべて無料でご利用いただけます。

クルクル マネージャー

faq box-image

QRコードについて

QRコードの読み取り精度は以下の読み取り環境に依存しますので、読み取りについて保証はできかねます。

・お使いのスマートフォンの読み取り性能
・QRコードを印刷する印刷用紙やインク等の印刷品質
・読み取り時の照明環境
QRコードの"QR"は、"Quick Response"(クイックレスポンス)に由来しています。素早い読み取りを目指して開発された事から、このように命名しています。正式名称は"QR コード"であり、決して"Quick Response コード"の略ではありません。
生産・物流・販売などの様々なシステムで活用されています。身近な例では、文庫本の背表紙や、レンタルビデオのケース、回転ずしの皿にQRコードが印字されている例もあります。
読み取り可能な最小サイズの参考値として、QRコードの1辺を1.5cm以上に設定することをお勧めしております。
あくまで参考値ですので、実際に印刷されたQRコード及び読み取りを行うスマートフォンで動作テストを行ってください。
セルサイズの設定及び印刷サイズの確認は、サイズオプション画面から確認できます。

また、読み取り可能な最小サイズとは別に作成可能な最小サイズがあります。
QRコードのサイズは、セルサイズ、バージョンによって決まります。
セルサイズは、QRコードを形成するセル(QRコードを構成する最小単位の四角い領域)の大きさです。どれだけ小さくセルを印字できるかは、お使いのプリンタによって異なりますが、一般的なレーザプリンタの場合で、1セルあたり0.17mm程度が最小セルサイズとなります。また、バージョンは、1~40まで設定されており、それぞれのバージョンによって、セル数が決まります。
一番小さいバージョン1では、21セル×21セルとなります。
以上のように考えると、QRコードの最小サイズは、0.17mm×21セルで、3.57mm程度ということになります。一方、最大サイズについては、セルサイズを大きくすればするほど、大きく印字できますので、特に制限はありません。ただし、あまり大きくしてしまうと、スキャナで読み取りできなくなりますので注意してください。

詳細につきましては、セルの大きさを設定するためのポイントをご参照ください。
できます。どのような文字コードセットのデータでも、バイナリデータとして格納することができます。生成されたQRコードを読み取る場合は、読み取り側も同じ文字コードセットとして処理することで、正しく中国語、韓国語の文字として認識することができます。 例えば、GB2312のコード体系でデータが格納されているQRコードを読み取る場合は、読み取り側がそのデータをGB2312のコード体系として処理することになります。

なお、QRコードは、中国語の簡体字と繁体字、ハングル語に関しては、13ビット圧縮モードで格納できますので、バイナリデータとして格納するより効率的に(小さく)QRコードを生成できます。(GB2312を13ビット圧縮するQRコードは中国の国家規格コードとなっています)
ただし、これらの13ビット圧縮モードのQRコードは、デンソーウェーブのQRスキャナでは読み取りできますが、携帯電話等では読み取りできない場合がありますので、注意してください。
QRコードにイラストを重ねたり、デザインをのせて変形してしまうと、ちょっとした汚れや欠けでも読み取り出来なくなったり、読み取りの反応が悪くなってしまうことがありますので推奨しておりません。安定した読み取りという面から、JIS、ISOの規格で制定されている内容に従ってご利用いただくことを推奨しております。
また、QRコードにイラストを重ねたりデザインを乗せるということは、QRコードの規格から外れ「QRコードではないもの」となってしまう可能性がございます。
できます。
また知的財産権につきましては、「QRコードの知的財産権について」のFAQをご覧ください。
faq box-image

QRコードの知的財産権について

faq box-image

QRコードの印刷について

QRコードの大きさはセルのサイズとバージョンで決まります。セルとは、QRコードを構成する黒と白の四角い点の事です。バージョンはデータの量によって決まるもので、バージョン1のQRコードは一辺が21個のセルで構成されています。
バージョンが1つ上がるたびにQRコードを構成する1辺のセルが4つ増え、バージョン40まであります。
例えば、バージョン2のQRコードは25×25個セルで構成されていますので、 1つのセルを0.5mm とすると、12.5mm 角(運用時は、この周りに4セル分の空白が必要です)のQRコードとなります。
QRコードを印刷する方法として、印刷方式は問いません。 グラビア印刷、オフセット印刷などいずれの方法でも印刷可能です。
色の組み合わせによっては、読み取り可能な場合があります。
QRコードスキャナは赤色光の照明によりQRコードを捉えるため、背景も印字色も赤い光を反射(または吸収)してしまう組み合わせの場合、QRコードを認識できなくなり、読み取りする事ができません。
逆に、背景が赤色を反射し、印字色が赤色を吸収する組み合わせであれば、読み取り可能です。
例えば、白い背景に赤や、緑の背景に青などは読み取りすることができませんが、白や黄色などの背景に青や緑で印字した場合は読み取り可能な場合があります。
ただし、色の濃さなども影響するため、実運用される前に十分な評価が必要です。
基本は白の背景に黒で印刷して下さい。
携帯電話のカメラで読み取る事を想定している場合は、各キャリアまたは携帯電話メーカにご確認くださいますようお願いします。
印刷された条件にもよりますが、読み取りはかなり困難になると考えます。
QRコードは、白と黒の光の反射の差によって読み取りを行ないます。透明な下地にQRコードを印刷した場合、白にあたる部分が透明となってしまい十分な光の反射を得られないことになります。
またビニール製品などは光が当たると反射して光ってしまい、読み取りの妨げになる場合があります。
さらに袋の場合、QRコードがゆがんだ状態となっていることが多く、読み取りを困難にします。
少しでも読み取りを良くするためにはQRコードの黒い部分だけでなく、白い下地も印刷するか、QRコードを印刷した紙ラベルを貼ってください。読み取りする時はできるだけQRコードがゆがまないように、袋を伸ばして読み取らせてください。
faq box-image

トラブルシューティング

アクセス解析で「リダイレクト方式」をお選びの場合、仕様上アクセスを解析するための"リダイレクトURL"を経由します。
(https://r.qrqrq.com/ ではじまるURLがリダイレクトURLです)

"リダイレクトURL"を経由せず直接指定のURLへリンクさせたい場合は、
「シークレット方式」をご利用ください。

但し、この方式はアプリ側の読み取りデータからアクセス集計をするため、
当社が提供している下記公式アプリで読み取られた情報のみ集計されます。

クルクル - QRコードリーダー
http://www.arappli.com/service/q/

当サイトでは上記2種類のアクセス解析方式をご提供しておりますので、
目的に沿った形でお選びください。
アクセス解析で「シークレット方式」をお選びの場合、
当社が提供している下記公式アプリで読み取られた情報のみ集計されます。
(他社リーダーアプリからの読み取り情報は集計されません)

全ての読み取り情報を集計したい場合は、
「リダイレクト方式」をご利用ください。

クルクル - QRコードリーダー
http://www.arappli.com/service/q/
リダイレクト方式による位置情報はIPアドレスからの推定となるため、実際の読み取り地とは異なる場合があります。
ご理解の上ご利用いただけますと幸いです。
faq box-image

その他

■Apple Safari
■Mozilla Firefox
■Google Chrome
■Microsoft Edge

※対応ブラウザ以外では正しく表示されない場合があります。
※対応ブラウザは最新のバージョンでご利用いただくことをお勧めいたします。
※Microsoft Internet Explorerは非対応となります。
当サイトで作成されたQRコードの読み取りに関してまして、
不具合に関する保証はしておりません。
読み込みは使用されるQRコードリーダーアプリの性能や読み取り時の環境、
印刷状態の影響を受けます為、
ご理解の上ご利用いただけますようお願いいたします。
シークレット方式のアクセス解析は、クルクル - QRコードリーダーを使って読み込まれた場合のみとなります。
シークレット方式で作成したQRコードは、オリジナルURLのままアクセス解析が可能です。
シークレット方式ならWeb遷移を伴わない、テキストQRコード(名刺など)の読み取りでもアクセス解析することが可能になります。
QR作成時に発行される「アクセス解析URL」から、作成したQRへのアクセス状況をリアルタイムで確認する事が出来ます。
"読み込み回数/ユニークユーザー数/読み込み場所"の統計をグラフで表示し、アクセス状況を視覚的に確認することが可能です。
弊社ではQRコードの大量作成を承っておりません。
お手数ですが、DENSO WAVEお客様お問い合わせ窓口よりご相談・ご依頼ください。

(お問い合わせフォーム)
https//www.denso-wave.com/ja/system/qr/contact/

Wi-Fiウェルカムページ

1チャンネルにつき、100個まで作成できます。
Wi-Fiウェルカムページ1つにつき、20個まで設定することができます。

クルクル チャンネル

faq box-image

チャンネル登録(開設)について

1アカウントにつき、20個チャンネルまで登録できます。
申し訳ございませんが、日本国内の店舗に限らせていただきます。
18歳未満の場合、保護者の同意が必要です。
申し訳ございませんが、チャンネル登録後、業種を変更することはできません。
お手数ですが、新規チャンネルを作成してください。
申し訳ございませんが、チャンネル登録後、法人の大業種または、小業種を変更する事はできません。
お手数ですが、新規チャンネルを作成してください。
faq box-image

チャンネルQRコードについて

クルクル - QRコードリーダーでスキャンしていただくと、チャンネル登録画面が表示されチャンネルの追加ができるQRコードです。
「OK」をタップしていただくと登録完了となります。
商標登録文記載の必要はございません。QRコードの掲示のみで構いません。
クルクル チャンネルでは黒色以外の出力を設けておりません。また、QRコードは切り出しシンボルの白黒の比率などで読み取りを可能にしておりますので、黒以外は推奨しておりません。
色を変更する場合はご自身で読み取りテストをおこない判断してください。

※切り出しシンボルについては以下URLをご参照ください。
https://www.denso-wave.com/ja/adcd/fundamental/2dcode/qrc/index.html
チャンネルQRコードの掲載に関しての制限などはございませんが、別途クルクル - QRコードリーダー(弊社製QRコードリーダーアプリ)が必要となりますので、アプリダウンロードページへのリンクも併せてご記載いただけますと幸いです。

【クルクル - QRコードリーダー】
iOS版:https://apps.apple.com/jp/app/qrkodorida-q-wu-liaode-shieru/id911719423
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.arara.q
faq box-image

メッセージについて

1チャンネルにつき、5000メッセージ作成できます。
上限に達した場合は、一番古いメッセ―ジから削除されます。
配信済みのメッセージは配信後にステータス変更はできないため、チェックボックスは設けておりません。
申し訳ございませんが、配信後にメッセージの編集及び削除はできません。
ただし、メッセージタイプを「クーポン」もしくは「クーポン+テキスト」を選択した場合のみ訂正文を掲載する事が可能です。
下書きの場合は「配信予約キャンセル」はできず、削除しかできません。
配信済みのメッセージで、メッセージタイプを「クーポン」もしくは「クーポン+テキスト」を選択した場合のみ入力できる機能です。
クーポ内容に誤りがあった場合や、キャンペーンを早期終了する場合などに、訂正文やお詫び文を掲載することができます。(メッセージ自体を編集・削除する事はできません)
クーポンが登録されていない場合は何も表示されません。
クーポン作成画面よりクーポン作成後、再度お試しください。
問題ございません。ただし、64文字までの文字数制限があります。
QRコードに関しては「QRコードについて」をお読みください。
faq box-image

タグについて

1チャンネルにつき、1000個まで作成できます。
タグ名横に「ペンのマーク」があります。そちらをクリックいただくと編集できます。
メッセージを配信する際、「#タグ」欄にタグを入力してください。
配信後、メッセージを開いたユーザー数が追加されます。
エンドユーザーは、自身にどのようなタグが付いているか通知されること、確認することはできません。
faq box-image

送信リストについて

1チャンネルにつき、200リストまで作成できます。
現在、リスト編集機能はございません。
導入を検討しておりますので今しばらくお待ちください。
faq box-image

クーポンについて

1チャンネルにつき、200個まで作成できます。
クーポンは、後から編集できません。
お手数ですが、不要なクーポンを削除し、再度作成をお願いいたします。
画像は横幅100%で上揃えで配置するため、横が長い場合は余白が発生してしまいます。
余白を発生させないためには画像編集ソフトで横幅をカットして再度お試しください。なお、推奨比率は3:2です。
faq box-image

その他

申し訳ございませんがスマートフォン専用アプリのみの展開でございますので、フィーチャーフォンのお客様はご利用いただけません。
アプリ内の各チャンネルページ右上にある「・・・」をタップしていただき、「チャンネルを通報」よりご報告ください。
もしくは、お問い合わせページよりご報告ください。
アプリ内の各チャンネルページ右上にある「・・・」をタップしていただき、「チャンネルを通報」よりご報告ください。
もしくは、お問い合わせページよりご報告ください。
お手数ですが、お問い合わせページより、登録したメールアドレス・凍結したチャンネル名を明記の上、
お問い合わせください。
チャンネル設定ページ内の一番下に「チャンネルの削除」がございます。
削除したチャンネルはチャンネル一覧から消え、メッセージや送信リストなどすべて復元する事はできません。
また、新規ユーザーへ表示されることはありませんが、削除前にチャンネル登録・メッセージを受信したユーザーに関しては、ユーザー自身で削除しない限りアプリに残ったままの状態になります。
お気に入りに登録したクーポンに関しましても、ユーザー自身で削除しない限り、お気に入り一覧に残ったままとなってしまいます。

※チャンネルを閲覧しようとした場合は、「このチャンネルは削除されました。チャンネルを削除しますか」とメッセージが表示されます。
また、クーポンを使用しようとした場合は、「チャンネルが削除されたためクーポンはご利用になれません」とメッセージが出ます。